5人死傷のタクシー事故、病死の運転手を書類送検

[PR]

 東京都千代田区で9月、タクシーが歩道に突っ込んで5人が死傷した事故で、警視庁は9日、事故翌日にくも膜下出血で死亡した山本斉運転手(当時64)=東京都杉並区=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)と道路交通法違反(過労運転等)の疑いで容疑者死亡のまま書類送検した。同庁への取材で分かった。

 麴町署によると、運転手は9月11日午後4時20分ごろ、千代田区九段南1丁目の都道(内堀通り)で、体調不良だったのにタクシーを運転。操作を誤って自転車に接触して男性と女児にけがを負わせた上、歩道に乗り上げて小林久美子さん(当時73)=東京都品川区=をはねて死亡させ、タクシーの男性客らにもけがを負わせた疑いがある。

 タクシーのドライブレコーダーの映像には、事故直前に意識がもうろうとする運転手の様子が記録されていたという。