三沢基地のF35緊急着陸、機体のコンピューターシステム不具合原因

成沢解語
[PR]

 航空自衛隊三沢基地青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機・F35Aが8日、函館空港(北海道函館市)に緊急着陸した原因が、機体のコンピューターシステムの不具合だったことがわかった。空自トップの井筒俊司航空幕僚長が9日の会見で、着陸前に不具合が起きていたと明らかにし、「ご心配とご迷惑をかけていることをおわび申し上げる」と謝罪した。

 井筒空幕長によると、訓練中の8日午前11時58分ごろ、機体のコンピューターシステムの一部に不具合が発生。操縦士が緊急状態を宣言し、午後0時18分に函館空港に着陸した。

 現在、三沢基地から人員や機材を派遣し、コンピューターを交換している。システムは米軍と同じもので、空自では過去にも同様のトラブルがあったという。

 機体を三沢基地に戻す見通しについて、井筒空幕長は「修復作業中で色んな調整が残っている。お答えできる段階ではない」と述べた。(成沢解語)