「自分の居場所はどこか、さまよっています」 平手友梨奈の現在地

有料会員記事

宮田裕介
[PR]

 競馬ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」(NHK、18・25日夜9時)で、主人公の女性騎手・芦原瑞穂役を務める平手友梨奈。なかなか活躍できないジョッキーが「居場所」を探す物語だが、平手自身にとっての居場所とは何なのか。

 平手演じる芦原は、中央競馬でプロデビューするものの、成績は上がらず苦しみ廃業寸前の厩舎(きゅうしゃ)に迎え入れられる。一癖も二癖もある調教師、厩務(きゅうむ)員たちと地方競馬から中央競馬の大舞台、桜花賞に挑む。

 古内一絵の同名小説原作で、連続テレビ小説「なつぞら」などで知られる大森寿美男が脚本を手掛けている。

 ドラマのテーマの一つは、自分の居場所をなくした者たちが、居場所を見つけ出すこと。

 平手自身は「さまよっている」という。そんな中、自身のラジオ番組で寄せられる声が励みになっているという。

 「勝手なイメージかもしれな…

この記事は有料会員記事です。残り929文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら