国民民主の憲法審運営で与党側入り 共産・志位氏「危険な道」

共産

[PR]

共産党志位和夫委員長(発言録)

 (憲法改正について議論する衆院憲法審査会の)与党(側)の枠組みの中に日本維新の会だけではなく、国民民主党も参加したと聞いている。これは大変危険な道にのめり込みつつあるなというふうに考えている。

 憲法審査会は一般的に憲法を議論する場ではない。憲法改定案の発議をする場だ。ですから、これを動かすと、結局そこに持っていこうというのが自民党の狙い。その中身は改憲4項目、憲法9条の改定、緊急事態条項、これを入れ込んでいこうというのが自民党の方針だ。ですから、これを動かすと、結局そこの出口に持っていかれる。

 国民が望んでもいない9条改定や緊急事態条項を無理やりやろうというのが自民党だ。ですから、そこへの道を開くことになるから、私たちは憲法審査会は動かすべきではないという立場で臨む。(国会内の記者会見で)