HIS子会社がGoToトラベルで不正受給か 調査委設置

新型コロナウイルス

初見翔
[PR]

 旅行大手「エイチ・アイ・エス(HIS)」は9日、子会社2社が政府の観光支援策「Go To トラベル」事業にからんで不適切な給付を受けていた可能性があると発表した。顧問弁護士らでつくる調査委員会を8日に設置した。

 調査対象となっているのは旅行会社のジャパンホリデートラベルとミキ・ツーリスト。HISによると、実際には宿泊の実態がなく補助の対象にならない旅行を申請していた疑いがあるという。

 11月30日と12月1日に子会社からそれぞれ報告があり、調査を始めたという。金額など詳細は確認中で、HIS広報は「調査結果がまとまり次第すみやかに公表する」としている。

 「Go To トラベル」事業はコロナ禍で落ち込んだ観光業界を支援するため、1人1泊2万円を上限に旅行代金の最大半額を補助する仕組みだ。(初見翔)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]