イタリア政府、米アマゾンに制裁金1450億円 物流めぐり競争阻害

ロンドン=和気真也
[PR]

 イタリア政府は9日、米アマゾンが優越的地位を乱用して市場競争をゆがめたとして、約11億3千万ユーロ(約1450億円)の制裁金を科したと発表した。アマゾンの物流システムを使う出品業者を、通販サイトで優遇するなどしていたという。

 競争当局の発表によると、アマゾンは倉庫管理や発送を担う物流システム「フルフィルメント・バイ・アマゾン」を使う業者の商品を「プライム」対象に指定していた。通販サイトの顧客に選ばれやすくすることで、ほかの物流システムを使う業者と差をつけていたという。

 アマゾン側は声明で、「イタリア当局の判断はまったく受け入れられず控訴する」と反発。「我々は常にイタリアの中小企業が成長できるよう投資してきた」と主張した。

 ロイター通信によると、イタリア政府は11月にもアマゾンと米アップルに、販売をめぐる不正があったとして計約2億ユーロの制裁金を科している。

 欧米の競争当局は存在感を強める米IT大手に厳しい目を向けており、制裁金を科したり規制を強化したりするケースがめだつ。(ロンドン=和気真也)