事件当日の不審行動、問い詰められ退職 入所者殺害容疑の元職員

[PR]

 茨城県古河市介護老人保健施設「けやきの舎(いえ)」で昨年7月、入所者の男性が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された元介護職員の赤間恵美容疑者(35)が事件当日、男性への処置を巡って不審な行動を同僚の施設職員に問いただされた後、退職を申し出ていたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は10日、赤間容疑者を殺人容疑で送検し、古河市内の赤間容疑者宅を家宅捜索した。

 県警捜査1課などによると、赤間容疑者は昨年7月6日午後0時半ごろ、施設で、点滴用のチューブにシリンジ(注射筒)を接続し、入所者の吉田節次さん(当時76)の足から空気を注入し、血液が循環しない状態に陥らせて殺害した疑いがある。

 捜査関係者によると、赤間容疑者が事件当日、吉田さんへの処置を巡って不審な行動をしているのを同僚の職員が目撃。その直後に吉田さんの血圧が急激に下がったことに巡回中の職員が気づき、吉田さんを救急搬送したが、約1時間後に死亡した。不審な行動について別の職員が問いただしたところ、赤間容疑者は退職を申し出て、勤務時間が終わる前に辞めたという。

 県警や施設によると、赤間容疑者は昨年4月から介護職員として勤務し、研修中だった。赤間容疑者は看護師の資格も持ち、栃木県埼玉県の病院で働いていたという。