日大が背任・脱税事件で初会見 「田中体制」どう説明? 

有料会員記事

三浦淳
【動画】日大が会見
[PR]

 日本大学の田中英寿・前理事長(75)らが逮捕された事件を受け、日大が10日午後6時から、東京都千代田区の大学本部で記者会見を開く。前理事長宅や大学本部が9月に東京地検特捜部の家宅捜索を受けてから、会見を開くのは初めて。5期13年に及んだ「田中体制」が一連の事件に与えた影響について、どう説明するのかが注目される。

 会見は、加藤直人・新理事長(学長兼務)や弁護士が行う予定。事件の調査結果やこれまで会見を開かなかった理由、再発防止策についても言及するとみられる。

 特捜部は9月、日大板橋病院をめぐる背任事件の関連先として、大学本部や田中前理事長宅を家宅捜索。10~11月には、日大に計約4億2千万円の損害を与えたとして、前理事長側近の井ノ口忠男・元理事(64)らを背任罪で逮捕・起訴した。

 さらに11月29日、取引業者からのリベートなど計約1億2千万円を税務申告せずに、約5300万円を脱税したとする所得税法違反容疑で、田中前理事長を逮捕した。田中前理事長は12月1日に理事長を辞任し、同3日には理事を解任された。

日大職員「理事会で反対意見は許されなかった」

 事件の背景として指摘されているのが、長期にわたった田中前理事長体制のガバナンス(統治)不全や理事会の形骸化だ。

 田中前理事長は2008年か…

この記事は有料会員記事です。残り363文字有料会員になると続きをお読みいただけます。