「アルトバイエルン」、「行列のできる店のラーメン」など値上げ

山下裕志
[PR]

 原材料価格の上昇などに伴って、食品の値上げを発表する企業が続いている。

 伊藤ハムは10日、ハムやソーセージ、ハンバーグなどの出荷価格を来年3月1日納品分から引き上げると発表した。対象は家庭用と業務用の計230品目で、値上げ幅は4~14%だという。定番の「グランドアルトバイエルン」(1袋127グラムの2袋束)の希望小売価格は、税込みで36円高い636円になる。豚肉や牛肉などの値上がりが理由だという。

 日清食品ホールディングス傘下の2社も10日、家庭向けの冷蔵・冷凍の麺類を来年3月1日納品分から値上げすると発表した。冷蔵は「行列のできる店のラーメン」「つけ麺の達人」など約80品目の希望小売価格を6~12%、冷凍は「日清謹製 讃岐うどん」「日清もちっと生パスタ」など26品目の出荷価格を6~13%、それぞれ上げる。小麦粉価格などが上昇しているためだという。(山下裕志)