鬼滅アニメ制作会社、脱税で有罪判決 東京地裁「帳簿改ざん、悪質」

原田悠自
[PR]

 人気アニメ「鬼滅(きめつ)の刃」の制作会社「ユーフォーテーブル」(東京都中野区)が約1億3800万円を脱税したとして、東京地裁は10日、法人税法違反の罪などで社長の近藤光被告(52)に懲役1年8カ月執行猶予3年(求刑懲役1年8カ月)、法人としての同社に罰金3千万円(求刑罰金4千万円)の判決を言い渡した。

 田中昭行裁判官は判決で「売り上げを除外したり、近藤被告が帳簿改ざんを妻に指示したりするなど悪質性がある」と述べた。同社は2015、17、18年の3年間で計約4億4100万円の所得を隠して法人税などの支払いを免れた。その後、修正申告したという。(原田悠自)