来春の選抜高校野球 北海道地区は国際情報が21世紀枠候補に

川村さくら
[PR]

 来春の第94回選抜高校野球大会日本高野連など主催)の21世紀枠候補で、北海道地区は国際情報(札幌市北区)の推薦が決まった。日本高野連が10日、発表した。同校はこれまで甲子園への出場はなく、21世紀枠の推薦も初めて。

 公立の進学校ながら文武両道を実践し、近年好成績を残し続けている点や、選手どうしが練習方法を話し合い、自主的に練習に取り組んでいる姿勢などが評価された。同校は夏の南北海道大会で2019年、20年に準優勝。選抜大会の選考の参考となる今秋の道大会では4強入りを果たした。

 21世紀枠には全国9地区(北海道、東北、関東・東京、東海、北信越、近畿、中国、四国、九州)から1チームずつが推薦され、そのうち3チームが選ばれる。1月28日に一般出場校とともに発表になる。(川村さくら)