昭和女子・山脇・女子美… 伝統女子校、高まる人気の背景は?

有料記事変わる進学

川口敦子、編集委員・宮坂麻子
[PR]

 海外進出もめざし、サイエンスで自立できる女性に――。科学立国の危機といわれる中、首都圏の伝統ある私立女子中高が、理科探究やデータサイエンス教育の重視に乗りだし、人気を集めている。「文理問わずサイエンティストの力を」と改革に取り組む女性校長たちも出てきた。(川口敦子、編集委員・宮坂麻子

「文系教科が得意、でも理系へ」 刺激受けた授業 

 「中学受験では理系科目は苦手だったけれど、中1から探究を始めたら楽しくなった。理系へ進みたい」

 山脇学園中高(東京都港区)の高2、橋本紗英さんは、マングローブから生態系のつながりを考える研究で、今年、日本森林学会高校生ポスター発表特別賞を受賞した。共に研究した横山瑛美さんも文系科目が得意だが、薬学部をめざす。

 同校では、中1、中2に科学…

この記事は有料記事です。残り3023文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]