SBI、新生銀行TOBの成立発表 保有比率47%強で子会社化へ

有料会員記事

細見るい
[PR]

 SBIホールディングス(HD)は11日、新生銀行への株式公開買い付け(TOB)の結果、新生銀株の保有比率が47・77%になったと発表した。17日付で新生銀を連結子会社にする予定。旧日本長期信用銀行の破綻(はたん)で誕生した新生銀は、ネット金融大手の傘下に入る極めて異例の形で再出発し、引き続き公的資金の返済を目指すことになる。

 証券を中心に成長してきたSBIは、総合金融グループを目指して地方銀行と連携を深める一方、法人融資や消費者金融などに強みを持つ新生銀を傘下に収める方針を表明。約20%だった株の保有比率を最大48%まで高める狙いで、9月10日~12月10日にTOBを実施した。新生銀の株価は近年1千円台で低迷し、TOB開始直前は1440円だったが、TOBでは1株2千円で買い取るとした。

 このため「貴重な売却機会」(市場関係者)との受け止めが広がるなど、価格に魅力を感じて応じた株主が多いとみられる。SBIによると、買い付け上限(5821万1300株)に近い、5692万2199株の申し込みがあった。SBIは11日、「好ましい結果でTOBを終了することができ、買い付けに応募頂いた株主の皆様に心より御礼申し上げる。双方で協調して新生銀の企業価値向上に取り組む」などとするコメントを発表した。

 すでに新生銀は来年2月の臨…

この記事は有料会員記事です。残り327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。