日韓の外相が数分間の立ち話で初対面 関係改善のため意思疎通で一致

岸田政権

[PR]

 英国訪問中の林芳正外相は11日(日本時間12日)、韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)外相と短時間立ち話をした。日本外務省の発表によると、林氏は旧徴用工や旧慰安婦の問題をめぐり、韓国側に「適切な対応」を改めて求めた。これに対し、鄭氏からは韓国の立場に基づく発言があったという。

 日韓外相の接触は、林氏が外相に就任して以来、初めて。林氏は英国リバプールで開かれている主要7カ国(G7)外相会合に出席中で、両氏は韓国などを交えて開かれた非公式夕食会の冒頭、数分間立ち話をしたという。

 両氏は北朝鮮問題について、日韓、日米韓協力の重要性を改めて確認。日韓関係を「健全な関係」に戻すため、外交当局間の協議や意思疎通を加速していくことで一致した。