76歳死刑囚が病死 埼玉・本庄市の高齢夫婦強盗殺人事件で死刑確定

[PR]

 埼玉県本庄市で2007年、高齢夫婦を殺害して現金約1万円を奪ったとして、強盗殺人罪などで死刑が確定した岩森稔死刑囚(76)が11日深夜、収容先の東京拘置所で心不全により病死した。法務省が12日発表した。

 法務省によると、岩森死刑囚は今月に入り、歩行障害が進んだことなどを受けて治療に専念していたところ、血中酸素飽和度の低下や不整脈が確認された。11日夜になって脈拍も急激に下がり、午後11時58分に死亡が確認されたという。

 確定判決によると、岩森死刑囚は生活費に困り07年2月21日、以前借金したことがある男性(当時69)宅で、男性と妻(同67)を鈍器で殴るなどして殺害し、現金を奪った。無期懲役とした08年3月のさいたま地裁判決を、東京高裁が破棄して死刑を言い渡し、最高裁も上告を棄却していた。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント