韓国、北京五輪への外交ボイコット「検討してない」 文大統領が表明

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は13日、中国の人権問題を理由に、来年2月の北京冬季五輪に政府当局者を送らない「外交ボイコット」を「韓国政府は検討していない」と表明した。訪問中の豪州で、モリソン豪首相との首脳会談後の記者会見で明らかにした。

 文氏は、外交ボイコットをしない理由について「米国をはじめとするどの国からも、(ボイコットに)参加を求められたことはない」とも述べた。

 文氏は米国との同盟関係は「外交と安保の根幹」と強調しつつ、「経済的な側面では中国との関係もとても重要だ」と強調。北朝鮮の非核化をめぐり、「中国の建設的な努力が求められる」とも述べた。

 北京冬季五輪への外交ボイコットをめぐっては、中国の人権状況への懸念などから米英豪などが表明。日本も閣僚の派遣を見送る方向だ。文氏は対中外交を重視し、こうした流れと一線を画すことに決めた。文政権は北京冬季五輪を舞台にした外交で、南北関係や米朝関係の改善を目指そうと模索してきた。(ソウル=鈴木拓也)