横浜市内の線路下に直径50センチの穴、東急線が一時運転見合わせ

【動画】東横線日吉駅付近で線路が陥没=熊倉隆広撮影
[PR]

 13日午後2時45分ごろ、横浜市港北区東急東横線元住吉―日吉間の上り線で、線路下の砂利の一部が幅最大約2メートル、深さ約50~約100センチにわたって陥没しているのを、日常点検をしていた作業員が見つけた。東急電鉄によると東横線の武蔵小杉―菊名間、東急目黒線の武蔵小杉―日吉間で一時運転を見合わせたが、砂利で穴を埋めて午後5時半前後に運転を再開した。この陥没の影響で、上下線合わせて計161本が運休し、6万3700人に影響が出た。

 現場は日吉駅の上り線ホーム先端から170メートルほど元住吉駅寄りの地点。陥没の原因は調査中で、終電まで目視で監視し、終電後にさらに砂利を追加するという。