ヤマト朝廷と関係の有力者埋葬か 柴崎浅間山古墳、高崎市が調査

角津栄一
[PR]

 群馬県高崎市は、柴崎浅間山(しばさきせんげんやま)古墳(同市柴崎町)が、古墳時代前期の4世紀に築造された方墳と確認されたと公表した。市が調査したところ、ヤマト朝廷と密接な関係にあった有力者が埋葬されたと推測され、今後の調査で副葬品が発見される可能性があるという。

 市によると、浅間山古墳は1辺が約25メートルの方墳で、高さは4・2メートル。周りに堀がめぐらされ、保存状態が良く、築造当時の姿をとどめているという。築造されたのは、出土した土器片の年代から古墳前期、4世紀と推定している。この時期の方墳は珍しく、県内で確認されているのは数例しかない。

 近くには、同時期に築造されたとみられる柴崎蟹沢古墳(円墳)が存在していた。ここから出土した三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)(国重要文化財)は各地で出土しており、ヤマト朝廷から各地の有力者に配られたとする説が有力視されている。

 二つの古墳は築造時期や地理的に近接していることから関係性が強く、浅間山古墳も有力者が埋葬された可能性があるという。今年、浅間山古墳の土地所有者から市に寄付されたのを受けて、市が調査していた。(角津栄一)