• アピタル

中国でオミクロン株の感染者を初確認 症状なし、国外からの入国者

[PR]

 中国・天津市の地元メディアによると、同市の衛生当局は13日、国外から9日に入国した人から新型コロナウイルスオミクロン株が検出されたことを発表した。中国本土でオミクロン株の感染者が見つかるのは初めて。

 感染者の国籍や性別などは明らかにされていない。症状はなく、現在、病院内で隔離治療中だという。中国では先月下旬からロシアと国境を接する内モンゴル自治区満洲里のほか、上海や浙江省などで感染が広がりつつあるが、これまでオミクロン株による感染確認の発表はなかった。

 中国本土では11日までに26億回分のワクチンが接種された。天津の衛生当局は3~11歳や60歳以上のワクチン接種をさらに積極的に進めるとしている。(北京=冨名腰隆

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]