ドライブ・マイ・カー、ゴールデングローブ賞候補に 来年1月発表

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米アカデミー賞の前哨戦とされる第79回ゴールデングローブ賞で、村上春樹さんの短編小説が原作の「ドライブ・マイ・カー」(濱口竜介監督)が非英語映画賞(旧外国語映画賞)にノミネートされた。主催するハリウッド外国人記者協会が13日、発表した。受賞作の発表は来年1月9日の予定。

 「ドライブ・マイ・カー」には西島秀俊さん、三浦透子さん、岡田将生さんらが出演。今年のカンヌ国際映画祭で濱口監督らが日本作品として初めて脚本賞を受賞したほか、国際映画批評家連盟賞なども受賞している。

 外国語映画賞の候補作はほかに、スペインの「パラレルマザーズ」など。テレビドラマ部門では、「ルパン」や韓国で制作され、米ネットフリックスで話題となった「イカゲーム」などがノミネートされた。(サンフランシスコ=五十嵐大介