読み書きなどに困難抱える子の進学と学び オンラインで語りあう

有料会員記事

編集委員・宮坂麻子
[PR]

 読み書きが苦手など、学びに困難を抱える子はどう学習し、進学の壁をどう乗り越えればいいのか――。オンラインイベント「凸凹のある子の未来を輝かせよう~GIGA時代だからできる進学と学び」(朝日新聞社主催)が4日に開かれた。専門家6人と、代読などの配慮を受けて受験した高校生・大学生3人が登壇。インクルーシブ教育が叫ばれる「1人1台端末の時代」だからこその学びを語り合った。

 朝日新聞東京版の連載「凸凹の輝く教育」が「学びに凸凹のある子が輝く デジタル時代の教育支援ガイド~子ども・保護者・教師からの100の提言」(学研教育みらい)として書籍化されたことを受けて開かれた。

大学入試、高校入試で端末使える?

 「進学」をテーマにした第1部では、大学入試センターの試験・研究統括官を務める大津起夫さんが、障害のある受験生への大学入学共通テストでの配慮の現状と申請方法を説明。今年1月も延べ約6300件の配慮を認めたが、パソコンなどの端末使用を認める例は年間数件しかないという。また、「紙」で出題するテストではなくコンピューターでのテスト(CBT)導入の可能性については「一斉実施は、現状では非現実的」などとし、「個人的には、一部なら可能性はあると思う」と答えた。

 大学での障害者支援にも携わる東大先端科学技術研究センターの近藤武夫准教授は、米国や英国では障害のある大学生が全学生の2割ほどで、その半数近くがLD(学習障害)やADHD注意欠陥・多動性障害)などの発達障害であるのに対し、日本の大学ではまだ1%程度しかいないと説明した。ただ、障害者差別解消法施行以降、急激に増えており、どんな子も包括して教育するインクルーシブ教育が進む今後はもっと増えるとみる。

 「中学・高校での学びも変わり、質的にも量的にも今と違う高校入試、大学入試が必要になる。一方で、配慮の必要性の根拠をだれが示すのかが大きな課題だ」と指摘。障害者の支援をする団体「DO―IT Japan」のディレクターでもある近藤さんは、高校入試や大学入試で合理的配慮を求める際の支援もしている。高校入試でのパソコン活用事例も増えており、公的なサポート態勢を整える必要性も訴えた。

 また、書字障害の息子を慶応大に導いた菊田史子・一般社団法人「読み書き配慮」代表は「親だけがかけずり回るのではなく、学校にも支援していただきたい。サポートチームができた学校は非常にうまく進む。本人には、学ぶ力と配慮を要請する力の両方が必要。端末を活用し、『できた』『わかった』を繰り返すことで自己肯定感も育つ」などとした。

■「大人になるって楽しい」と…

この記事は有料会員記事です。残り1589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。