懐かしい?新鮮?給食に鯨の竜田揚げ……この肉はどこから来たのか

有料会員記事

玉置太郎
[PR]

 大阪市立の414小中学校で11月、給食にクジラが出た。メニューは竜田揚げで、約17万人の子どもが食べた計算になる。実は全国でも、鯨肉(げいにく)を給食に採り入れる自治体は少なくない。この鯨肉はどこからくるのか。学校、卸業者、捕鯨会社と、鯨肉をたどって取材した。

 大阪市で給食に出た鯨肉は計8トン。鯨専門の仲卸「奥野水産」を通じて仕入れた。大阪市東部中央卸売市場に店を構える創業96年の老舗で、主にスーパーに赤身肉を卸している。

 ずっと途絶えていたクジラ給食を、大阪市が再び始めたきっかけは、同社4代目の奥野良二社長(52)の「営業」だった。

売れ残る肉……同業者の一言に「だったら営業しよう」

 戦後の食糧難の時代、安価だった鯨肉は日本の食生活を支えた。ピークの1962年の消費量は23万トン。牛肉、鶏肉を上回ったほどだ。ただ、他の肉の生産や輸入が伸びた70年代から消費量は減少していった。

 奥野さんは24年前、消防車を製造する会社を辞め、母親が営む奥野水産に入った。鯨肉消費がすでに落ち込んだ90年代。店頭で売れ残り、色が悪くなった鯨肉を寂しい思いで見ていた。

 そんな時、同業者がこんなことを口にした。

 「昔は給食で、クジラがよう食べられてたんやけどなあ」

 学校給食では50~70年代、竜田揚げなどが定番メニューだった。

 「だったら給食に使ってもらえるよう、自分で営業して回ればいい」。元会社員の奥野さんは、そう考えた。

 市場での午前2時~午後2時の仕事を終えると毎日、スーツに着替え、関西各地の教育委員会を訪ねて回った。「なんで今さらクジラを食べなあかんの」と、門前払いされることが多かった。

 それでも「食文化の継承を」と、説き続け、2001年、ついに兵庫県三田市が給食に採用してくれた。

取材を続けると、どこで捕獲した「何クジラ」なのかがわかりました。さらに、「捕鯨をめぐる国際政治」とのつながりも見えてきました。

 奥野さんは約300万円かけ…

この記事は有料会員記事です。残り2094文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら