トヨタ、EV販売を2030年350万台へ上方修正 30車種に拡大

三浦惇平、近藤郷平
[PR]

 トヨタ自動車は14日、電気自動車(EV)の世界販売見通しを上方修正し、2030年に350万台まで増やすと発表した。従来の1・75倍超となる。30車種を展開し、品ぞろえを拡充する。世界的な市場拡大に対応するため、EVの開発や生産設備に4兆円を投じることも明らかにした。

 今春に公表した見通しでは、世界で年間に販売する1千万台のうち、800万台を、ハイブリッド車(HV)やEVを含む「電動車」が占めると見積もっていた。うち、EVは、水素を使う燃料電池車(FCV)と合わせて、世界で200万台を売ることになると説明していた。

 こうした見通しから、EVは350万台に増やした。トヨタが年間に国内で売る150万台(レクサスブランドを含む)の2・3倍超となる規模だ。

 EVは、これまでは「25年までに15車種」としていたが、「30年までに30車種」へと広げる。EV専用車種の立ち上げや、既存車のEV化により、「フルラインアップ」で車種をそろえる。

 30年までにEVに投じる4兆円のうち、重要部品の車載電池への投資額は2兆円。従来の説明より、5千億円引き上げた。また、ハイブリッド車や燃料電池車への投資を合わせると、電動化分野への投資は8兆円に及ぶという。

 トヨタは、これまで急速にEVが普及することに慎重な見方を示してきた。利便性に不安が残るうえ、EV化だけでは「脱炭素」という大きな課題に応えられないためだ。このため、HVやEV、FCV、水素エンジンの開発も含めて、市場の成長や技術の進展にあわせて柔軟に対応する「全方位」の構えをとってきた。今回、世界で進むEVシフトに対応して、EV戦略を大きく進めることになった。(三浦惇平、近藤郷平)

  • commentatorHeader
    蟹江憲史
    (慶應義塾大学大学院教授)
    2021年12月15日0時57分 投稿

    【視点】 もはやEVに移行する世界の流れは止められません。そうなると、再エネの普及、そして蓄電池や、町全体でエネルギーを融通するVtoGの仕組みづくりが不可欠です。充電スタンドも日本にはまだまだ足りません。駐車場にとめても、常に充電スペースは満車と