EV競争、日本でも本格化 課題山積み「もうけ方見えてる会社ない」

有料会員記事

福田直之
[PR]

 トヨタ自動車電気自動車(EV)の2030年の世界販売目標を350万台に引き上げた。これまで、「脱炭素」の切り札としてEV一辺倒に偏りがちな政策の潮流と距離を置いてきた。それが、EVシフトを加速させる戦略に転じた。今後、ホンダ日産自動車とも本格的な競争に入る。ただ、日本ではEV普及の課題は少なくない。

 EVシフトは世界的な流れだ。今年に入って、トヨタ以外の主要メーカーも旗幟(きし)を鮮明にしてきた。

 ホンダは4月、40年に新車販売を全てEVとFCVにすると発表した。日産自動車も11月、EV競争のカギを握る「全固体電池」を28年度に投入することを表明。今後5年で2兆円を投資するとしている。

 欧州連合(EU)はカーボン…

この記事は有料会員記事です。残り1207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら