独自

「すべての数字を消す」国が指示 消しゴムで書き換えた統計データ

有料会員記事国交省の統計書き換え問題

柴田秀並、浦野直樹、伊藤嘉孝
[PR]

 基幹統計のデータ書き換えは、国の指示を受けた都道府県の職員らの手で行われていた。建設業者が鉛筆で書いてきた受注実績を、消しゴムで消して書き換えていた。(柴田秀並、浦野直樹、伊藤嘉孝)

 「すべての数字を消す」

 「全ての調査票の受注高を足し上げる」

 国土交通省が都道府県の「建設工事受注動態統計」の担当者向けに配布した資料には、同省の指示がこう記されていた。朝日新聞はこの資料を入手した。

 イメージ図を使いながら例示した流れはこうだ。A社が、4~6月の3カ月分の受注実績の調査票を、3枚まとめて都道府県に提出したとする▽都道府県は3カ月分の受注実績を合算して6月分の調査票に記入する▽4、5月分の調査票の受注実績は消す――。3カ月かけて受注した実績を、最新の1カ月だけで受注したかのように書き換えるわけだ。

 東日本のある県の統計担当者…

この記事は有料会員記事です。残り1226文字有料会員になると続きをお読みいただけます。