第4回1日に検問4回「日本人がなにをやってる」 移民が迫る緊迫の国境

有料会員記事

ポーランド東部ボブロブニキ=金成隆一
[PR]

 レンタカーで走行中に灰色の車が背後にぴたりとつけた。ミラー越しに車体の「POLICJA(警察)」の文字が見える。一気に心拍数が上がった。

 11月中旬、ベラルーシ国境に近いポーランド東部を訪れた。8月以降、中東からの移民・難民がベラルーシから欧州連合(EU)域内に入ろうと押し寄せており、国境付近ではポーランドの国境警備隊などが厳重に警戒していた。ポーランド政府は9月に非常事態宣言を出し、国境線から2~3キロ以内は住民以外の立ち入りを禁じている。

 車を止められたのは、移民・難民や支援団体の取材を終え、ワルシャワに向けて西へ走り始めたところだった。

2021年の夏以降、ベラルーシからポーランドへと越境する移民や難民が急増しました。ポーランド側では厳重な警備が敷かれ、緊迫した空気が漂っていました。

 私は最初、警察が先を急いで…

この記事は有料会員記事です。残り3396文字有料会員になると続きをお読みいただけます。