「すべり止めの星」校長が説く、挫折からの前向き発想 栄東中高

校長から受験生へ

聞き手=編集委員・宮坂麻子
[PR]

 入試シーズンが始まります。コロナ下で頑張る受験生たちへ、校長からのメッセージをお届けします。

校長から受験生へ:栄東中高・田中淳子さん

 昨夏の東大王選抜クイズ甲子園で「すべり止めの星」と呼ばれ、全国で知られる学校になりました。埼玉県の共学の進学校ですが、もしかすると、校名は知らない人もいるかもしれません。「すべり止めの星」って、素晴らしいでしょ。成功ばかりの人生なんて、あり得ない。挫折を味わった人間こそ強くなれる。「栄東に入学してくれてありがとう。さあ、ここから始めよう!」ですよ。

 コロナ禍で受験生が併願を控えたせいか、昨年度の中学入試は出願者が減りました。それでも本校は8年連続で1万人超えです。埼玉県内の生徒は約半分。東京都神奈川県の生徒が多く、遠くは茨城県鉾田市栃木県那須塩原市福島市からも毎日通ってきます。

 進学実績では、近年、東京理科大の合格者が200人を超え、日本一になりました。埼玉県立浦和高校を抜く東大合格者を出した年もあります。昨年度も国公立大208人、医学部医学科87人、慶応大96人、早稲田大122人と増やしています。

 原動力は「居甲斐(いがい)」です。「生徒一人ひとりがここに居る甲斐がある学校に」という意味。栄東には「御三家」をめざしていた生徒もいれば、第1志望にして必死に頑張って入学した生徒も来ます。育った地域も環境も違う。教員も、公私を問わず様々な経験をしてきた個性豊かな人が多くいます。

 そこをめざした成功者だけが集うトップ校とは違う。多様な人間が集まる学校だからこそ、それぞれの力、個性を発揮し「私はこの学校に居る甲斐がある」と思って欲しい。

 コロナ禍の中でも教員それぞれができることを考え、動き、昨春の一斉休校からオンラインで授業ができました。体育も音楽もオンラインで、地学の授業のために長瀞まで映像を撮りに行った教員もいます。卒業生も支援してくれて、毎年恒例のマスゲームを指導し、中止になった体育祭の代わりにオンライン配信できました。各家庭にも、本当にご協力いただきました。

 改めて感じたのは、学校は勉強だけでは成り立たないということです。クイズが生きがいで優勝した生徒も、駅メロをチェロで奏でる生徒も、理科研究部などで興味分野を追究する生徒も、それぞれ勉強以外の得意なことで生き生きとした姿を見せ、刺激しあって、学校を「居甲斐」のある場所に変えていく。そこが大切なんだと気づかされました。

 私も挫折ばかりの人生でした。高校時代は理系研究者をめざしたけれど挫折して、語学の世界へ。学生の間に通訳案内士の資格を取り、世界銀行に就職。欧州や米国で勤務し、海外の優秀な人たちと多く出会いました。いろんな経験をしてきましたが、自分の生きがいとなったのが、教師という仕事でした。

 いま、コロナ禍で心が後ろ向きになっている受験生がいたら言いたい。いつも前向きな発想で、アグレッシブに挑戦して欲しい。走りながら考えればいい。後で、やっぱり受ければよかったと悔やむくらいなら、どこでも受けた方がいい。自分を信じて。たとえ挫折しても、その経験は必ず次への力になる。まずは、自分が生き生きできる「居甲斐」のある場を探してください。(聞き手=編集委員・宮坂麻子

     ◇

〈たなか・じゅんこ〉京都市生まれ。同志社大文学部英文学科卒業後、世界銀行勤務を経て、公立中学の英語科教員に。夫の転勤にともない各地の教壇に立ち、埼玉県で退職後、学園創設者の佐藤栄太郎氏に採用され栄東中学の教頭に。2008年から校長。昨春より学園理事長も兼務。

★栄東中学・高校

・所在地:さいたま市見沼区砂町

・創立:高校1978年、中学1992年

・生徒数:共学 中学919人、高校1390人

・合格実績:東京大12人、医学部医学科87人、早稲田大122人、慶応大96人

・アクティブラーニングを教育の柱に据え、40以上の土曜講座も設けるほか、中3でオーストラリア、高2で米国への研修あり

大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]