マーチングにかけた青春 バラバラだった心、背中で感じた「笑顔だ」

有料会員記事

佐藤瑞季
[PR]

 ショーの終盤、隊列は力強い音を奏でながら、前進した。全員の歩幅は62.5センチ。横一線、乱れはない。一番の見せ場「カンパニーフロント」の演奏演技にさしかかった。78人全員が笑顔だった。

 11月21日、愛知県木曽川高校吹奏楽部はマーチングの聖地・大阪城ホールで、全日本マーチングコンテストにのぞんだ。昨年は新型コロナの影響で中止となり2年ぶりの大会だった。8大会連続25回目の全日本出場。伝統の「一糸乱れぬ隊列」をこの大会でも披露した。

 出場上限が81人と、マーチングは他の吹奏楽の大会に比べ大人数だ。それでも、部員が多い強豪私学などでは出場者を選抜することが多い。一方、木曽川高校は例年、部員全員が大会に出場する。

 高校でマーチングを始める部員が多く、吹奏楽の初心者が入部してくることもある。その木曽川高校が全員での出場にこだわるのには理由がある。

 練習を通じた技術の向上が部に団結力を生む。「毎年、大会の前後で、音がまるっきり変わる。遠くまでとぶようになる」。赴任10年目の顧問の木本昌光教諭は、そう説明する。

 今年4月、フルートを担当する小笠原幸花(さちか)部長(3年)は「今年度の練習は、なんだか大変になりそう」と思った。入部した1年生の半数近くが楽器未経験だったからだ。同じパートの上級生が、つきっきりで楽譜の読み方、音の出し方を教えた。

 マーチング初挑戦の1年生がマスターすべきことは、演奏だけではない。

 歩幅は62.5センチ。

 隊列を組み、移動しながら演…

この記事は有料会員記事です。残り2508文字有料会員になると続きをお読みいただけます。