原発事故から10年 小学生だったフーちゃんは…ミュージカルに続編

有料会員記事

浦島千佳
[PR]

 「3・11」から10年余り。名古屋市で活動する合唱団が25、26両日、東日本大震災東京電力福島第一原発事故をテーマにしたオリジナルミュージカル「バックトゥザ・フーちゃんⅡ」を上演する。2013年に初演した舞台の続編で、改めて被災地に思いをはせ、震災の記憶を伝えていきたいと出演者は願う。

 演じるのは、「愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団」。子どもから大人まで約80人が所属する。戦時中の東山動物園(名古屋市千種区)での実話をもとにした合唱曲「ぞうれっしゃがやってきた」の作曲者、藤村記一郎さん(69)が指導している。

 東日本大震災から1年余り経ったころ、「合唱団として何ができるか」を考え、被災地に足を運んで作ったのが13年の「バックトゥザ・フーちゃん」だった。

 原発のある町に住む小学生フ…

この記事は有料会員記事です。残り740文字有料会員になると続きをお読みいただけます。