「この子は代わりじゃない」 罪悪感を消してくれた、フクとの出会い

有料会員記事

若松真平
[PR]

 2019年12月、「リーフ」が18歳11カ月でこの世を去った。

 漫画家のアキサワリョウタさんが、小学生の時に迎え入れた柴犬だ。

 最後の1年半は介護生活で、「その時」のために心の準備をしていた。

 小学館の漫画誌で「怖面先生のおしながき」を連載中だったが、リーフのためにできることはなんでもやった。

 本やネットで情報を調べ、とにかく後悔のないように日々を過ごす。

 そのかいもあってか、送り出した時は「いってらっしゃい、ありがとう」と思うことができた。

 ところが4カ月後、突然涙がこぼれるようになった。

 病院で診てもらうと「ペットロスによる抑うつ状態」と診断され、1カ月間療養することに。

 連載についても休止することになった。

 しばらくして、父からこんな提案があった。

 「嫌だったらいいんだよ、無理にとは言わない。新しい子を迎える気はない?」

 そんなことは考えたことがなかったので、驚いてしまった。

 リーフがいなくなって、父も母も寂しいそうだ。

 ペットロスを乗り越えるには新しい家族を迎えるのがいい、と聞いたことがある。

 でも「リーフの代わりになんてならないよ」と思った。

「最初は可愛がってたけど……」

 数日後、母からLINEで「この子どう?」とメッセージが届いた。

 写真には、マルチーズとトイプードルを両親に持つミックス犬・マルプーが写っている。

 ピントがボケていたが、毛が伸びていて、まるで毛玉のようなシルエットだった。

 飼い犬だけれど「いいご縁があればそちらで」ということで、会ってみることにした。

 引き取ることがその子にとって本当に幸せなのか。

 そんな思いで扉を開けると、写真で見た犬が飛びついてきた。

 爪が伸びきっていて少し痛かったが、なでるとうれしそうに尻尾を振ってくれた。

 毛もボサボサで少し臭ったが、素直に「可愛い」と感じた。

 こんなに可愛いのに、どうして新しい飼い主を探しているんだろう。

 そう思って尋ねると、思いも寄らぬ言葉が返ってきた。

 「最初は可愛がってたけど…

この記事は有料会員記事です。残り1579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら