藤井竜王が「藤井君」に戻るとき 帰路の師弟、いつもの電車で

有料会員記事

[PR]

杉本昌隆八段の棋道愛楽

 早いものでもう師走です。ウィズコロナの日常、今年も我慢の一年でしたが来年こそ安心したいものです。

 年内の順位戦も大詰めです。藤井聡太竜王対近藤誠也七段戦のB級1組順位戦は12月2日に行われました。

 この両者の対局と言えば約3年前のC1順位戦、残り2局で迎えた直接対決を思い出します。その将棋を制した近藤七段は最後も勝って昇級、藤井竜王は昇級ならずで、今も語られる大勝負でした。

 この日の将棋も途中まで近藤七段のペース。しかし粘り強い指し回しの藤井竜王が終盤で逆転して勝利を収めました。最終手の△6七桂は近藤七段の駒が4枚も利いているところへ打ち込んだタダ捨ての妙手。芸術的な勝利でした。

 さてその翌日。藤井竜王と将…

この記事は有料会員記事です。残り944文字有料会員になると続きをお読みいただけます。