4回転5種、そして5回転へ 鍵山優真の未来、父の正和コーチが語る

有料会員記事

岩佐友
[PR]

 フィギュアスケート男子の鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)を指導する父の正和コーチが14日、朝日新聞などのインタビューに応じた。鍵山の現在地と、北京五輪の位置づけ、そして将来的な5回転ジャンプの挑戦についても言及した。

 ――鍵山選手が出場権を獲得していたグランプリ(GP)ファイナルが中止となりました。

 「落ち込んではいけないので、その週は練習をめいっぱいしていましたね。状況的に仕方のないことなので、もう全日本に向けて、仕切り直していこうよという話はしました」

 ――五輪をかけた全日本選手権が迫っています。

 「オリンピックがかかっていなくても、全日本は特別な試合。オリンピックと比べても遜色のないぐらい、ひょっとしたら、僕の中ではそれ以上の格付けになってくる試合なので、本当に大事にしたいです。オリンピックという言葉は、できるだけ出さないようにしています。いつもと同じように、一試合一試合、全力で取り組もうと話しているだけです」

 ――全日本はどのような目標を定めていますか。

 「やっぱり300点。SP(ショートプログラム)で100点、フリーで200点を超えないと、世界のスケーターとして一流とはまだ言えないのかなということは、本人も僕も感じているところがあるので。今季の最大の目標になるんじゃないですかね」

 ――羽生結弦選手、宇野昌磨選手を追う立場から変化はありますか?

「確実に1枠を取る」。全日本、北京五輪への思いを語ります

 「それは変わらないんです…

この記事は有料会員記事です。残り1626文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]