18歳鍵山優真、父とめざす五輪へ 「どこまで戦えるか興味がある」

有料会員記事

岩佐友
[PR]

 初めての五輪をかけた決戦が迫る。

 「すごく、緊張しますね」

 14日、愛知県豊田市中京大学のスケートリンクで練習を終えた鍵山優真は、近づく全日本選手権への思いを正直に語った。

 中学2年生だった4年前の全日本は観客席にいた。

 「オリンピックに対する皆さんの気合をすごく感じた。今度は自分が体験しないといけない」

 あの張り詰めた空気のリンクで、目指すことはシンプルだ。

 「優勝して、確実に、出場権を得たい」

 “五輪”を知る最も身近な存在はコーチで父の正和さん(50)だ。1992年のアルベールビル、94年のリレハンメルに出場した。当時の動画を見たことはあるが、五輪について、細かく話を聞いたことはない。

 記憶に残る最初の五輪は2014年のソチだ。羽生結弦が日本男子初の金メダルに輝いた。18年の平昌は羽生が五輪連覇、宇野昌磨が銀メダルを獲得する姿をテレビで見つめた。

 「すごいなと、感動した。こういう舞台で滑りたいと思っていたけど、まだ遠い遠い存在で、『いつか滑れたらいいな』くらいしか思っていなかった」

 手が届くところまで近づいてきたのは19年だ。

 全日本ジュニア選手権で優勝して出場した全日本選手権で3位。20年の四大陸選手権で3位に入ると、今年3月の世界選手権では銀メダル。一躍、世界のトップを争う存在になった。

 「『一気にきた』という感じ。4回転(トーループとサルコー)の安定感が自分でもびっくりするくらいに上がった」

 しかし、突然変わった立場に、心が追いつかなかった。

 今季の序盤はスケート人生で味わったことのないほどのどん底だったという。8月のげんさんサマーカップ、10月の関東選手権はジャンプが乱れた。

 「ひどかった。五輪があるので、落ち込んではいられないと思ったけど、ふとしたときに、これで本当にうまくいくのかと思った。練習ではいいのに、去年と違って本番でうまくいくことがすごく少なくなった」

 その理由は自分でわかっていた。

 「去年よりいい成績を出さなきゃとか、新しい4回転を早くやらなきゃとか、すごい焦りがあった」

 正和さんも、息子の変化を感じていた。

【動画】フィギュアスケート男子・鍵山優真 18歳の挑戦=西田堅一、細川卓撮影

 「子どもではないし、大人に…

この記事は有料会員記事です。残り1408文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]