「保険金使って無料で住宅修理」と勧誘 業者とのトラブルの相談増

有料会員記事

村上友里
[PR]

 火災保険を利用した住宅修繕契約のキャンセル料が不当に高いとして、NPO法人「消費者機構日本」(東京)は15日、東京都八王子市の住宅リフォーム会社「ジェネシスジャパン」に対し、契約の一部差し止めを求める訴えを東京地裁に起こした。

 機構は、消費者トラブルの被害者に代わって訴訟を起こせる国認定の適格消費者団体。今回も消費者から相談を受け、「事業者に生じる平均的な損害額を超えるキャンセル料で、消費者契約法に違反する」と判断し提訴した。

 訴状によると、ジェネシス社は「火災保険の達人」という名称のウェブサイトで、「火災保険適用で支払われた保険金を使って屋根や外壁などを実質負担ゼロ円で修理する」と勧誘。ただ、契約後に修理をキャンセルすると、消費者が受け取った保険金の35%を同社に支払わなければならないという。

 機構はこの日の会見で「工事を着工する前なのに、キャンセル料が高すぎる」と指摘している。

 同社は「現時点で答えられることはない」とした。(村上友里)

相談件数は前年度の2倍に

 火災保険を使って住宅を無料…

この記事は有料会員記事です。残り291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。