書類送検の京都府議、即日辞職 激戦の京都1区、選挙報酬約束の疑い

[PR]

 10月の衆院選選挙運動の見返りに報酬を約束したとして、京都府警は15日、岸本裕一府議(68)=京都市北区=を公職選挙法違反(買収約束)の疑いで書類送検し、発表した。岸本府議は自民会派に所属し、衆院選では地元の京都1区から初当選した自民新顔の勝目康衆院議員(47)の陣営に加わっていた。捜査関係者によると、容疑を認めているという。

 岸本府議は15日、「一身上の都合」とする14日付の議員辞職願を代理人を通じて議長に提出。府議会は15日、臨時の本議会を開いて辞職を許可した。

 捜査2課によると、岸本府議の送検容疑は、衆院選公示前の10月12日ごろ、勝目氏への投票を有権者に呼びかける「電話作戦」の報酬として、運動員の女性3人に時給1千円を支払う約束をしたというもの。

 3人は公示後の同19~30日、交代で岸本府議の事務所へ行き、勝目氏への投票を呼びかける電話をかけていたという。府警は、この3人についても、同法違反容疑で書類送検した。

 府警は選挙後の11月上旬、岸本府議の自宅や事務所など19カ所を家宅捜索し、運動員のシフト表やマニュアルなどを押収した。岸本府議からも任意で事情を聴くなどしていた。

 公選法は、選挙の運動員に報酬を支払うことや、支払う約束をすることを禁じている。報酬を支給できるのは、選挙管理委員会に事前に届け出た事務員や車上運動員などに限られる。

 衆院京都1区では、これまで12期務めた自民の伊吹文明・元衆院議長が引退を表明。後継として立候補した勝目氏が、共産前職の穀田恵二氏、維新新顔の堀場幸子氏と三つどもえの激戦を繰り広げた。勝目氏が約8万6千票を得て初当選したが、ほかの2人も比例で復活当選した。

 勝目氏は15日夜、事務所を通じ、「当時候補者であり、選挙の実務には関与しておりません。報道にある容疑が事実かどうかも含め、今後検察庁においてお調べになると思いますが、誠に残念で遺憾なことであります」とのコメントを発表した。