韓国副首相「来春までにTPP加盟申請」 背景に中台申請の警戒感

有料会員記事

ソウル=神谷毅
[PR]

 韓国の洪楠基(ホンナムギ)副首相は15日、朝日新聞など一部の外国メディアと会見し、日本などが参加する環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟申請について「文在寅(ムンジェイン)政権の任期内に行う」と述べた。文氏の大統領の任期が終わる来年5月上旬までに国内手続きを終え、加盟を申請する意向を表明したものだ。

 洪氏は13日、TPP加盟申請に向けた公聴会などの国内手続きを始めると表明していた。申請を急ぐ背景には、中国と台湾が9月に加盟を申請したことを受けて韓国が除外されることへの警戒感があるようだ。

 洪氏は15日の会見で、すで…

この記事は有料会員記事です。残り283文字有料会員になると続きをお読みいただけます。