北京五輪、岸田首相は「参加を予定していない」 参院予算委で答える

[PR]

 来年2月の北京冬季五輪について、岸田文雄首相は16日午前の参院予算委員会で、「今のところ、私自身は参加することは予定していない」と述べた。新疆ウイグル自治区など、中国国内の人権問題への懸念から、米国などは政府当局者を送らない「外交ボイコット」を決めている。立憲民主党白真勲氏への答弁。

 この日の答弁で首相は「外交ボイコットという言葉を使っている国、使っていない国様々だ。アメリカですら公式の声明の中には、外交ボイコットという言葉は使っていない」と指摘。その上で、「我が国としては、適切な時期に諸般の事情を勘案し、国益の立場から自ら判断するということが重要であると認識している」と述べた。

 岸田政権は閣僚の派遣を見送る方向で調整しており、スポーツ庁の室伏広治長官の派遣の可否も検討している。

 北京冬季五輪をめぐっては、米国のほか、英豪などが「外交ボイコット」を決定する一方で、ロシアのプーチン大統領は開会式への出席を表明するなど、対応が分かれている。