通学中の小4女児、トレーラーにはねられ死亡 親族「明るい子で…」

有料会員記事

[PR]

 16日午前7時35分ごろ、徳島県小松島市和田島町松田新田の県道交差点で、近くに住む小学校4年、藤井潤美(うるみ)さん(10)が大型トレーラーにはねられ、頭を強く打って死亡した。県警によると、数人の児童と登校中だったという。

 県警は、大型トレーラーを運転していた同県鳴門市大麻町市場の運送会社員、福井暁生(あきお)容疑者(53)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 小松島署によると、現場は信号機や横断歩道のある交差点。藤井さんは小松島市立和田島小に向かい、数人の児童と交差点を渡っていたところだったという。署は、交差点を左折しようとしたトレーラーにはねられたとみて、詳しく原因を調べている。

 現場はJR牟岐線の阿波赤石…

この記事は有料会員記事です。残り522文字有料会員になると続きをお読みいただけます。