米国防予算、対中国シフト鮮明に ミサイル防衛など、米議会が可決

有料会員記事

ワシントン=高野遼
[PR]

 米上院は15日、2022会計年度(21年10月~22年9月)の国防予算の枠組みを定める国防権限法案を賛成多数で可決した。総額は約7777億ドル(約88兆円)で、前年度より5%増加した。中国に対抗して米軍の態勢を強化する基金「太平洋抑止イニシアチブ(PDI)」には前年度の3倍超となる71億ドルが計上され、中国との競争を重視する姿勢が鮮明となった。

 米国の国防予算は、政府が提案する予算教書を元に、議会が国防権限法として毎年可決する。下院もすでに可決しており、近くバイデン米大統領が署名して成立する。

 今回の国防予算の特徴の一つが、中国への抑止力の強化だ。インド太平洋地域の増強に使途を絞った基金であるPDIの71億ドルは、前年度(22億ドル)から大幅増で、米領グアムにおけるミサイル防衛システムや、在日米軍のインフラ整備などに充てられる。

 中国関連では、極超音速(ハ…

この記事は有料会員記事です。残り186文字有料会員になると続きをお読みいただけます。