東大生でないけど東大野球部に 道なき道を歩んだ元女子マネの4年間

有料会員記事

編集委員・安藤嘉浩
[PR]

 最後の夏は甲子園に出場できなかった。

 「野球に携わり続けたい」と思った女子マネジャーは、色んな人に相談する中で東京大学の監督(当時)に出会った。「野球部のない大学に進学したら入部を歓迎する」と言われ、人とは違う道を歩いてみようと決心した。

 あれから4年。

 「大変なこともあったけど、貴重な経験をさせてもらいました」

 聖心女子大学4年生の伊沢真優(まゆ)さん(22)に、野球と歩んだ日々を振り返ってもらった。

 伊沢さんは茨城県土浦市出身。野球好きの両親に育てられた。

 地元の球場で母と高校野球を観戦し、常総学院高校(土浦市)が甲子園に出ると、父と応援バスに乗り込んだ。

 「初めて甲子園のアルプススタンドに出たときは体が震えました。たしか、小学3年生。地方大会とは、暑さも熱気も全然違う。ゾワゾワッとしました」

 当然のように常総学院に進学し、野球部に入部した。同期の女子マネジャーは4人。「グラウンドには出ないで、周辺の環境を整えることが私たちの役割でした」。草むしりや掃除で終わった日もある。「何もしない時間をつくらない。自分で仕事を見つけることを先輩から学びました」

 2年時は春夏とも甲子園に出場し、夏はベスト8入り。しかし、3年時は甲子園に出られなかった。

 「充実した3年間だったけど、最後に負けてしまい、やり切ったとは思えなかった。どんな形でもいいから野球を続けたい。そう思いました」

 受験勉強の傍ら、場内アナウンスを目指す学校にも通った。そこで出会った人に東大監督(当時)の浜田一志さん(57)を紹介してもらい、東大球場に会いに行った。

 「正直に言うと、すごいしっ…

この記事は有料会員記事です。残り1386文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]