浄水場地下24メートル、男性閉じ込め トンネル奥1キロ 応答の声

[PR]

 16日午前10時35分ごろ、大阪府守口市佐太中町2丁目の大庭浄水場から、「トンネル掘削中に作業員3人が取り残された」と119番通報があった。大阪府警などによると、地下24メートル地点にあるトンネル内に地下水が流入したとみられ、午後8時現在、トンネル内に閉じ込められている男性作業員(25)の救助活動が続いているという。

 他の男性作業員2人は自力で脱出し、病院に搬送されたが、大きなけがはないという。

 浄水場を管理する大阪広域水道企業団や府警守口署によると、同浄水場と約1キロ離れた庭窪浄水場を地下の水道管でつなぐために、トンネルを掘削する工事中だった。救助中の男性は、大庭浄水場の入り口から約960メートル地点のトンネルの先端部で作業をしていたとみられる。

 トンネルは直径1・1メートルで、地下約24メートル地点にある。淀川に沿うように延伸していたという。

トンネルの奥、呼びかけに応答する声

 守口市門真市消防組合によると、救助隊がトンネルに入り、16日午後7時15分ごろにトンネルの奥に呼びかけると、応答する声が聞こえたという。