• アピタル

オミクロン株、都内で初確認 陽性の知人男性がサッカー天皇杯を観戦

新型コロナウイルスオミクロン株

関口佳代子 小野甲太郎 市野塊
[PR]

 東京都は16日、米国から今月8日に帰国した都内の20代女性が、新型コロナウイルスの変異株・オミクロン株に感染していたと発表した。都内でオミクロン株の感染が確認されたのは初めて。女性の濃厚接触者とされた20代の知人男性も新型コロナに感染しており、オミクロン株の可能性が高いという。都は男性の家族や職場の同僚も濃厚接触者として調査している。

 都によると、女性は8日に成田空港に帰国。空港検疫の抗原検査では陰性で同日中にハイヤーで帰宅したが9日に発熱。13日に新型コロナへの感染が判明し、入院した。その後、都健康安全研究センターによる変異株検査やゲノム解析で16日にオミクロン株への感染が確定した。都は海外で感染したとみられることから「国内で市中感染したものではない」としている。女性に同居家族はおらず、現在、症状はないという。厚生労働省によると、女性と同じ航空機で入国した26人について、自治体と連携して健康観察を実施しているという。

 女性は8日と9日に自宅で20代の知人男性と面会しており、この男性は濃厚接触者と認定された。14日に宿泊療養施設に入所し、翌15日に感染が確認されたという。デルタ株の感染ではないといい、都は「オミクロン株に感染している可能性が高い」としている。都は、この男性の別居の家族3人と職場の7人の計10人を新たに濃厚接触者として調査している。現在まで症状は確認されていないという。

 この男性は感染が判明する3日前の12日に等々力陸上競技場川崎市)でサッカー・天皇杯準決勝の川崎対大分戦を観戦していた。当日観客数は1万7595人。都は当日、男性の周囲約80席に座っていた人に検査を呼びかけるため、観戦者のリストを入手できるよう調整している。松野博一官房長官は16日、「当日スタジアムにいらっしゃった方で体調が優れない方は、できるだけ外出を避け、医療機関を受診してほしい」と呼びかけた。

 厚労省によると、女性も男性もワクチンを2回接種済みだったという。

 政府は水際対策として、入国後は14日間の隔離を求めている。オミクロン株の報告がある国・地域に滞在した入国者には3~10日間は自宅ではなく、宿泊施設で待機を求めている。

 女性は施設待機が求められる地域からの入国者ではないため、施設に入らず、自宅待機をしていた。自宅待機中は不要不急の外出は認められていないが、施設待機よりは管理がゆるい実態がある。厚労省は「リスクに応じた待機」としているが、オミクロン株は世界中で急速に広がっている。今回のようにリスクが低いと捉えていた国・地域からウイルスが持ち込まれることで、市中感染につながるおそれがある。(関口佳代子 小野甲太郎 市野塊)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]