• アピタル

3回目接種、モデルナワクチンも公費で 製造販売を特例承認 厚労省

新型コロナウイルス

枝松佑樹
[PR]

 厚生労働省は16日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種用として、米モデルナ製の国内での製造販売を特例承認した。これを受け、厚労省の専門家による分科会は、モデルナ製ワクチンの3回目接種を公費で賄うことを了承した。対象は18歳以上で、2回目まで米ファイザー製をうった人への交互接種も認める。

 モデルナ製の3回目用の配送は来年1月に始まる予定だが、自治体に在庫があれば、今月17日から3回目接種に使えるようになる。

 3回目接種は、2回目からおおむね8カ月以上後にうつことを原則としてきたが、重症化リスクが高い人らについては、6カ月まで前倒しできる。クラスター(感染者集団)が発生した医療機関の入院患者や職員らに対象を限ってきたが、政府は範囲を拡大する方針で、近く公表する。(枝松佑樹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]