連合が衆院選総括 野党共闘見直し求める 「有権者の理解、難しい」

[PR]

 立憲民主党国民民主党の最大の支援団体・連合が16日、10月の衆院選の総括を公表した。立憲と共産党が進めた野党共闘について「基本政策や方向が大きく異なる政党同士が連携・協力することは、多くの有権者の理解を得ることは難しい」と見直しを求めた。

 ただ、来夏の参院選での共産との候補者一本化については、清水秀行事務局長は記者会見で「他の野党を含めて一本化の調整をすることに反対することはない。政党間で決めることだ」との認識を示した。

 衆院選では立憲と共産が議席を減らし、枝野幸男氏が立憲代表を辞任した。

 総括は、衆院選の野党共闘に…

この記事は有料会員記事です。残り405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら