アスリートに「結婚は」質問NGか 識者「背景に伝統的結婚観?」

有料会員記事

金島淑華、忠鉢信一、伊木緑
[PR]

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(27)に対し、記者会見で「結婚」に関する質問が出たところ、インターネット上で批判の声が上がった。アスリートのプライベートに対する質問や取材をどう考えればいいのか。

 11月15日に日本記者クラブであった会見には、会場とオンラインで計300人あまりの記者が参加。会見の後半、オンラインで参加したメディアからの「家庭を持つタイミングについて考えることはあるか」という質問を司会者が読み上げた。

 大谷選手は「タイミングは特に考えていないですかね。よきタイミングでというか」「今のところまだまだ先じゃないかと思っています」などと、ほかの質問と同様に淡々と答えた。

 しかし、このやりとりが報じられると「セクハラだ」「くだらない質問をするな」といった批判がツイッターやニュースサイトのコメント欄に相次いだ。

「プライベートなことを話したいなら……」

 アスリートはどう受け止めるのか。

 リオデジャネイロ五輪体操の…

この記事は有料会員記事です。残り1494文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    伊木緑
    (朝日新聞記者=スポーツ、ジェンダー)
    2021年12月21日6時29分 投稿

    【解説】筆者です。同僚たちと議論を重ねながら取材を重ね、アンカー役を務めました。長野さん、井本さんからコメントをいただき、光栄です。 もう少し触れたかったなと思うのは、「女性には聞いてはいけないという空気は広がってきたのに、なぜ男性ならいいと

  • commentatorHeader
    井本直歩子
    (元競泳五輪代表・国連職員)
    2021年12月19日11時38分 投稿

    【視点】記事の中のコメントの一つ一つが示唆に富むもので、大変参考になりました。大谷選手へのこの質問は当時話題になりましたが、また落ち着いてこうした議論をすることにより、私たちの価値観、考え方をアップデートする機会になることが大変有り難いです。