若手は熱さが足りない? 安部若菜の「うるさーい!」から考える経営

有料会員記事

構成・阪本輝昭、山根久美子
[PR]

NMB48のレッツ・スタディー!経済編② 「会社経営と『社是』」

 来年度から高校家庭科の授業で、資産形成の視点や基本的な金融商品の特徴などについて学ぶ取り組みが始まります。「NMB48のレッツ・スタディー!」経済編では、三田紀房さんの人気投資漫画「インベスターZ」に、NMBメンバーで現役大学生の安部若菜さん(20)が入り込み、金融や経済を通して社会を学ぶ問答を繰り広げます。(構成・阪本輝昭、山根久美子)

     ◇

 安部若菜「う、うるさーい!」

 財前孝史(道塾学園中学1年、「投資部」部員)「なんだ、なんだ?」

 安部「あ、ごめんなさい。ちょっと感情が高ぶって。『今の若手アイドルは先輩たちに比べて熱量が足りない』とか『ガツガツしてない、行儀がよすぎる』とか、そういう意見をスマホでたまたま目にしてしまって……」

 あべ・わかな 2001年、大阪府生まれ。18年、大阪・難波が拠点のアイドルグループNMB48に加入。大学で経済学を学ぶ2年生。落語やゲーム、投資など趣味や関心が幅広い。

 神代圭介(道塾学園高校3年、「投資部」キャプテン)「アイドルを『株式会社』に例えると、ファンは『株主』のような存在だと言っていた。それなら株主の意見には、耳を傾けた方がいいんじゃないの」

 安部「それはもちろんです! でも、ちょっと不本意で」

 神代「貪欲(どんよく)さにおいて自分たちも決して負けてはいない、と言いたいんだね」

 安部「NMB48の旗を打ち立てた伝説の1期生さんたちと比べたら、わたしたちはそりゃおとなしく見えると思いますけど……」

 財前「伝説の1期生?」

安部若菜さんが所属するアイドルグループ「NMB48」。個性豊かで情熱にあふれていた草創期の先輩たちと比べられることを、安部さんはどう感じているのでしょうか。人気投資漫画「インベスターZ」のキャラクターである財前や神代らとの対話が続きます。

 安部「NMB48は2010年に結成され、今年で活動12年目です。『アイドル不毛の地』と呼ばれた関西にNMBを根付かせ、こんにちの発展の礎を築いた先輩たちです」

 財前「いわば創業家ってことか」

 安部「今はもう全員卒業してしまいましたが、とにかく個性が強く、がむしゃらで。何にでも全力で挑戦するパワーで関西にアイドル文化を根付かせたんです」

 財前「で。その創業家を超えられないと」

 安部「超える超えないじゃない!」

 財前・神代「???」

 安部「時代が違うんです。確…

この記事は有料会員記事です。残り4605文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら