その時勇が動いた 「あんこ」への思い 17日カムカムエヴリバディ

有料会員記事

土井恵里奈
[PR]

 「Yasuko」と呼ぶ人か、「あんこ」と呼ぶあの人か、はたまた別の道を選ぶのか。朝ドラの主人公の今後をめぐり、ネットでは早くもロバート派と勇派が熱い予想を展開している。

 12月17日のカムカムエヴリバディでは、安子(上白石萌音)を取り巻く2人の男性に焦点が当たった。

 まずは、スウェーデン出身の村雨辰剛(たつまさ)が演じる進駐軍将校ロバート。英語の教材作りを通し、安子との距離が縮まる。

 「Yasukoと呼んでもいいですか」。名字で呼ぶのはそっけないからと、互いにファーストネームで呼び合うことを提案する。戸惑う安子だが、嫌なそぶりは見せない。

甘いささやき

 おやつのシーンにも2人の関係の微妙な変化がみてとれる。ロバートは、安子お手製のおはぎを食べながら「sweet anko(あんこ)」。ささやきとほほえみの甘いシーンが続く。

 一方、雉真(きじま)家では、この男がついに動いた。

 「あんこ、わしと結婚してほしい」

プロポーズされる安子ですが、やはりロバートの存在感が気になります。記事後半では、ロバート役の村雨辰剛さんが語ります。

 安子を「あんこ」と呼ぶのは…

この記事は有料会員記事です。残り1306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。