好きじゃなかった、あの人 教え子たちが心酔するわけを知りたくて

有料会員記事スポーツPlus

稲崎航一
[PR]

 やわらかな陽光が、グラウンドの祭壇に差し込んでいた。

 昨年2月に84歳で亡くなった野村克也さんをしのぶ会が12月11日、神宮球場で開かれた。

 プロ野球4球団を指揮した知将は、他球団で芽が出なかった選手をよみがえらせ、「再生工場」と呼ばれた。その第1号、江本孟紀さん(74)が弔辞を読んだ。

 「あなたには神宮球場も似合うけど、私の目に焼き付いているのは大阪球場の、南海ホークスの野村克也です。あなたとの出会いがあったから、いま私はここに立っています」

スポーツPlus

スポーツPlusはオリジナル記事を有料会員の方にメールで先行配信するニュースレターです。今回は12月21日配信分をWEB版でお届けします。

     ◇

 50年前、1971年冬。江本は単身、東京から大阪へと車を走らせていた。

 この年、東京を本拠とする東映フライヤーズにドラフト外で入団した。0勝4敗。早くも12月には南海にトレードになった。

 最初の練習で、4番で捕手で監督の野村と出会った。監督室に呼ばれ、開口一番、言われた。

 「敗戦処理で出たお前の球を…

この記事は有料会員記事です。残り1312文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

スポーツPlus

スポーツPlus

競技に生きる、そこに生きた、それを支えた人たちの、勝ち負けだけじゃない物語を描きます。ニュースレター「スポーツPlus」は、有料会員の方に毎週お届けします。[記事一覧へ]