「一呼吸で意識失うことも」24人死亡火災、専門家が被害拡大を分析

[PR]

 大阪市北区の繁華街で17日に発生し、24人が死亡した火災。ここまで被害が広がった要因について専門家はどうみるのか。

 ビルでの火災は発生から約30分後にほぼ消し止められ、4階部分の一部約25平方メートルが焼けた。

 建物の火災安全設計に詳しい東京理科大の萩原一郎教授は「報道で情報に接した限りだが、昼間に発生した火災で20人以上が巻き込まれたことに驚いた」と話す。被害者のほとんどが4階で見つかったことから、「仮に狭い空間で可燃性の液体を燃やせば、酸素が足りなくなり、黒煙も上がって一気に視界が悪くなる。一酸化炭素の濃度次第では一呼吸で意識を失うこともある」と指摘する。

 東北工業大の鍵屋浩司教授(建築防火)は「一般論だが、最初から火の勢いが強くて、逃げ場を失った人が犠牲になったのではないか。火の勢いが強いと、室内の温度が急に上がって圧力が高まり、炎が爆発するように噴き出す現象が起こることもある」とする。

 大阪市消防局によると、屋内…

この記事は有料会員記事です。残り517文字有料会員になると続きをお読みいただけます。