出火に関与した疑いの男、事件直前に自宅も燃える 大阪のビル火災

大阪・北新地のビル火災

[PR]

 大阪市北区曽根崎新地1丁目の8階建ての「堂島北ビル」で17日午前に発生し、24人の死亡が確認された火災で、出火に関与した疑いのある男の自宅とみられる住宅で直前に火災が発生していたことが、捜査関係者への取材でわかった。大阪府警は17日、現住建造物等放火と殺人の疑いで捜査本部を設置した。

 捜査1課によると、17日午前10時20分ごろ、通行人らから「ビルの4階部分が燃えている」と119番通報があった。4階にあるクリニックを訪れた50~60代の男が紙袋を暖房器具近くの床に置いて蹴り倒し、漏れ出た液体付近から燃え上がったのを女性2人が目撃したという。男は現場から救急搬送された。

 大阪市消防局によると27人が心肺停止。大阪府警によるとこのうち男性14人、女性10人の計24人が死亡した。

 捜査関係者によると、ビル火災の30分ほど前に、紙袋を持ってきた男の自宅とみられる大阪市西淀川区の住宅で火災が発生した。府警は関連を調べている。住宅火災は約1時間後に消し止められ、けが人はいなかった。住宅はクリニックから約3・5キロ西に位置する。